”Belt”の言葉の意味

Belt (out)

意味:大きな声で歌う、大声で(元気よく)歌う、力強く歌う、大声で叫ぶ、大きな音で奏する、大音量で鳴らす、がなりたてる

 

辞書で調べると、こういう意味だと載っています。
そうなんです。ベルトって凄くシンプルに言えば「大きな声で歌うこと」

 

ですが意味の後ろの方にもあるように、大声で叫んだり、がなったりする事も含まれるので
これだけを聞くと、喉に負担かかってもベルティングなんだ~
と思ってしまう方も少なくないはず。
(まぁ極論を言うと、それも定義としてはアリなんだろうけど、、、)

 

 

私の提唱するハリウッド式ベルティング発声法では
喉には負担をかけず、リラックスしたままで
至難の業だと思われがちな高音を、力強く出していきます。
シャウト(がなり)だって、喉には負担かからず健康的にできますからね!

 

 

そしてこのBeltで歌うことができるシンガーは”Belter(ベルター)”と呼ばれます。

なので私はベルターですし、レッスンに来て下さって
ベルトのコツを掴んで帰られた皆さんもすでにベルターです!

 

ブログで何度もお話してますが
私は日本を、この”Belter”でいっぱいにするのが目標。
そしてじわじわとベルトの輪が広がっていってる実感が
本当にもう嬉しくて嬉しくて…そんな毎日を過ごしているんですよ!

 

 

「彼はあんなにキーの高い曲を、涼しい顔してベルトしてるね!」
「この曲のここの部分は、ベルトして歌って」

 

そんな会話があちらこちらで聞こえてくる日も
もうそんなに遠くないのかもしれませんね!

 

 

ぜひ皆さんも”ベルト”というキーワード、、、

積極的に使っていってくださいね♪♪

 

 

ちなみにBeltの意味でもう一つ、こんな意味があるのを知りました。

 

意味:〈俗〉~を強打する、~にがんと一発食らわす

 

ベルトの響きが、明らかにミックスとは違うパワーを持ち
聴き手の心にガン!と突き刺さってしまうのも、この意味を知ると納得。

 

 

Be A Belter!

Aya

 

 

*********************

Facebook:Aya Belter’s Studio

Instagram:aya.belters.studio

 

関連記事

  1. 大活躍!コピー細胞であなたもベルティングをマスター!

  2. 成功するアーティストが行う「自己投資」とは?

  3. ゴールは”自分の声を見つける事”

  4. ショック!声帯の優先順位は最後!だからこそ…

  5. 大阪に移動してきました!

  6. 私たちが高音に悩むワケ②

  7. ロゴが完成しました!

  8. え?同じじゃないの?”喉を開く”と”声帯を開く”

月別