ベルティングが出来る人は、自分の歌の可能性を信じている人。

こんにちは!
ハリウッド式ベルティング発声法認定ボイストレーナーのAyaです。

 

今日は、この秋スタートしたばっかりの
『ベルティング習得コース』のお客様の初回レッスンを行いました。

 

レッスンを受けるに至った経緯、どんな悩みを抱えて今日まで過ごしてきたか、
いろんなお話をお伺いさせてもらって、逆に私がインスパイアされて学ばせてもらった事が
たーくさんありました!

 

何よりその決断力と行動力!!
当初は、一応単発レッスンで、続けられそうならコースで…との事だったんですが
「やるからには短期集中でしっかりマスターしたいんで!コースのレッスン料も今日持ってきました!」と。

 

やる事が早い!勢いがスゴい!!

 

 

ターニングポイントに立った時、人は二つの選択を迫られます。

「やる」か「やらない」か。

 

「変わりたい!」「明日から、俺は革命を起こす!」と口に出しても、
人間は現状維持のメカニズムが働くので
何だかんだで、今の状況をキープしたがります。

 

多くの人が
”忙しくて…”だったりを理由に「やらない」を選ぶ。

もっと鋭く言うならば、
「歌が上手くならない」ことを自ら選んでいるんです。

 

[aside] でもこれは元々、人間に備わっているメカニズムで、意思が弱いせいでも、
根性がないわけでもないので自分を責めないでくださいね。
ただ、解決方法はきちんとあります。ふふふ♡[/aside]

 

 

今回のこのお客様は
温室にいる自分を、自らの足で吹雪が吹き荒れる外の世界に連れ出したんです。
いや…”連れて行ってあげた” と言う方がしっくりきますね。

 

私も何度も同じ状況に立った事があるので分かるんですが
ものすごく勇気とか覚悟がいることです。
でもやっぱりそういう人が、人生をしっかり切り拓いていくんだな〜
と、真面目モードに入って考えておりました。

 

ベルティングが出来る人は、多少の困難が訪れてでも揺るがない、強い意思がある人。

なぜならベルティングボイスは、体の奥底から湧き上がってくるエネルギーを
思いっきり解放させる声だからです。

 

そこには強い想い、意思が存在しています。

 

 

【Who’s Laughing Now/Jessie J】

 

 

彼女が幼少期に受けたいじめの事を歌っています。
この、苦痛・悔しさを声にする変換エネルギーがたまらんのです。
Jessieの中で私が一番好きな曲。

 

 

ほんの少し勇気を出して、自らの歌の可能性を心から信じて進もうとする人たちを
私は全力でサポートしていきたい!!

 

そんなレッスンメニューです、『ベルティング習得コース』

 

詳細・お申し込みはこちらから

[btn class=”rich_yellow”]ベルティング習得コース[/btn]

 

 

ちょっと今日は、放心状態。
初回レッスンのあとって、いつもこんな感じになるんだよね。。。

 

ベルティングは本当に凄い。凄すぎる。
コースの生徒さんも言ってたけど、人生変わるよ。
実際に体験した人しか見る事ができない、この景色。
まだまだ多くの人に見て欲しいな〜。

 

 

それでは!!

 

 

Be A Belter!

 

Aya

 

*********************

Facebook:Aya Belter’s Studio

Instagram:aya.belters.studio

関連記事

  1. ベルティング=心理学

  2. ”高音は高くない”〜自己洗脳を解こう〜

  3. 歌に対しての価値観を見つめ直す

  4. 人間は「勉強」から逃げられません。

  5. 高槻ジャズストリート&茨城音楽祭に行ってきました!

  6. ベルティングのアンテナ

  7. 「もうね、グレちゃって!」

  8. ベルティングとシアワセと私

月別