みんなそれぞれ違うから良い!歌姫たちの圧倒的な歌声

こんにちは!
大阪よりリベルティング発声法認定トレーナーのAyaです!

 

え〜実はですね、、突然ですが
わたくし、今日目が覚めた時から突然の腰の激痛に襲われておりまして…
起き上がるどころか、寝返りするのも一苦労な状態。

 

ブログどうやって書こう?と朝からずっと考えていて
「長文は打たれへん!」ということで今日は短めにいきます。

 

今日は動画の紹介。
スーパーボウルをはじめ、いろんなシーンで
アメリカ国歌The Star-Spangled Banner”を歌う歌姫たちから
声はどこに響かせているのか、エネルギーの量、息遣いetcを参考にしてみて下さい。
ちなみに、苦しそうに歌っているように見える人もいるけど、そこを真似しようとすると
喉締め・張り上げから喉を痛める原因にもなるので要注意です!

 

それでは、いってみましょう♪

 

マライア・キャリー

 

 

 

アリアナ・グランデ

 

 

 

ジェニファー・ハドソン

 

 

 

ホイットニー・ヒューストン

 

 

 

ビヨンセ

 

 

 

それぞれ、詳しく解説したいんだけど、、(腰が…涙)

 

特に私が好きなのは、最後のビヨンセ。
数年前、彼女に口パク騒動がありましたが、その騒動を受けての緊急会見で歌ったもの。
もちろん歌唱力も素晴らしいんだけど、注目したいのは
彼女の”態度”です。堂々としてるでしょ?
特に1:37あたりの、まっすぐ前を見て自信に満ちた表情で歌い上げるその態度。
これぞべルター!!

 

歌い終わった後の「Any questions?a ha ha ha ha♪」とユーモア溢れる一言にも
「バカげた事言わないでよ」と言わんばかりの、彼女の信念が伺えますね。

 

 

みんなタイプは全く違うんだけど、なのに格好いい。
みんな堂々としてるでしょ。なぜあんなにも堂々としていられるのか?
それは普段から基礎トレーニングをしっかりしているからです。
根っこがグラグラしていたら、大丈夫かな?倒れないかな?などの
余計な心配や不安を抱えながら歌うことになります。
逆を言えば、しっかりと根を這っておけばグラつかない
何が起きても揺るがないパフォーマンスができるのです。

 

何事も基礎・土台作りって重要なんですよね。

 

 

私もグラつかない体づくりを、もう一度始めようと思います。
今回の腰痛で「やっぱりストレッチや!ストレッチをサボったらあかんわ!」と
身に染みました。

 

とりあえず、早く治します。
決まっているレッスンは、今のところ変更なしでやる予定です。

 

 

では、今日も読んでくれてありがとう!
健康あってのベルティングボイスです。ほんまに。

 

 

Be A Belter!

 

Aya

 

*********************

  

 

関連記事

  1. 鼻かけ歌唱から抜け出すには?

  2. え?同じじゃないの?”喉を開く”と”声帯を開く”

  3. 動画を投稿しました!

  4. ベルティングは”これ”の積み重ねで出来るようになる!

  5. 歌姫たちの”あの声どうやって出しているの!?”

  6. どんな音楽キャリアの人にも効果が表れる理由

  7. 口から?お腹から?頭から?【声はどこから出すの?】

  8. 裏声ミックスからの脱却

月別