怒りは悪いことじゃない!大事なのは思いっきり解放すること。

大阪よりREBELTING発声法認定トレーナーのAyaです!
こんにちは♪

 

 

今日は生徒さんの課題曲の研究に没頭する1日でした!

喉締めが原因で歌っていて苦しい人、地声が弱い人、
歌声だけじゃなく話し声まで裏声の人…
生徒さんによって悩みも様々なので、アプローチ法を探ります。

 

 

元々、私たちは生まれながらにして地声を持っているはずで、、
赤ちゃんだった頃、一体その小さな体のどこから出しているんだ!?というくらい、
めいっぱいオギャーーーーっ!て泣いていたでしょ?あの泣き声がまさに地声。

 

赤ちゃんって、お腹すいた!眠い!オムツ替えてよ!ママどこ!?etc
気に入らないことだったり不愉快なことを、
自分が持っている全てのエネルギーを使って、泣き声として主張しているんですよね。

 

生まれた時からすでに、地声の出し方を知っているはずなのに
成長するにつれて、次第に忘れてしまう。うーん、不思議ですよね。

 

 

ここら辺の話は、『壊せメンタルブロック!”高音が出せない”のはただの幻』
の内容にも通じていたりします。
まだ読んでない方はぜひ読んでみて下さいね。

 

 

ところで皆さん!
最近、納得できないことや許せないこと、腹の立つことありましたか?

 

あったよーという人。
それ、きちんと解放できていますか?
無かったーという人。
それ、あなたの中で『怒ること=悪いこと・いけないこと』になっていませんか?

 

ベルティング(地声)って、やっぱりエネルギーの解放だから
そのエネルギーの源が喜びや楽しさだけじゃなく、時には”怒り”になっても私は良いと思うんですよね。
逆にそのほうが、何だか人間らしいじゃないですか♪

 

レッスンでもよく「わがまま言って」「怒って」「愚痴って」
一見マイナスイメージのシチュエーションを再現してもらうことで、
地声を見つけられる方もいるんですよ。

 

 

怒ることって悪いことだらけじゃないですからね。
それだけ、その物事についてきちんと向き合って考えている証拠。

 

嬉しい・悲しい・腹立つ・楽しい・寂しい

 

感じるままナチュラルに出せる、そんな歌い手でありたいですね。
一回、人格変わるぐらい怒って歌ってみて!
思ってもみないほど簡単に、自分の本当の声と出会えるかも!?

 

 

今日も読んでくれてありがとう♪
それでは、また明日!

 


『ベルティング習得コース』

 

詳細&お申込みはこちらよりお願いします

 

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************