男たちに告ぐ。

どうもこんにちは♪
大阪在住、リベルティング発声法認定トレーナーのAyaです!

 

最近、新たにコースのお申し込みが続き
レッスンにサポートに慌ただしくさせてもらってます。改めてありがとうございます!
持っている悩みも歌のジャンルも年齢も性格も
みなさんそれぞれ違うし、何だか
ヒューマンドラマを同時に何本も観ているような錯覚に陥ります。

課題曲もバラエティに富んでいて、スゴいんです。。
海外DIVA系、ディズニーソング、アニメ系、J−POP・ROCK…
私の頭の中、パカっと開けて見て欲しい。笑

まぁそんな話もありつつ、、え〜先に宣言しますが
今日は辛口でいきます!!
今までで一番辛く行こうという決意の元、タイピング。ふふふ♪

 

タイトルの通り。
これは男性陣に向けたメッセージです。

 

結論から言うと、男ってものすごく大変!!!

 

ずっと前から噂には聞いていて、正直
「え〜?たまたま(大変なのが男性だって事)じゃない?」くらいに思っていたんですが

いや〜大変だわ、非常に…笑

 

 

”男は”とか”女だから”と分けるのも、ナンセンスと言われるかもしれないけど
実際に私もその噂を肌で感じているから、声を上げずにはいられませんでした。

 

例えば?

 

①気取る・やたら格好つける

レッスンに来てくださっている皆さんにクリアしていって欲しい課題(例えば、喉の脱力や声帯閉鎖など)の感覚を掴みやすいように、
あの手この手、色んな言い回しでお伝えしています。
一つの伝え方で生徒さんがイメージできず感覚を掴めなくても「もう何でできないの!?」なんて
思ったことは一度もありません。
人によって「あっ!この感じか!」となるポイントは違うし、
ボイストレーナー側にどれだけ多くの言い回し・伝え方の引き出しがあるか?の方が
大切だと思っているからです。それがトレーナーの力量というか…

 

そんな中「(有名人の)◯◯みたいな感じ!ちょっとあの人のモノマネやってみて?」と言って
返ってくる反応の中に、こういったことが

 

「いやぁ…ちょっと恥ずかしくて出来ないです…」

 

この発言をする男性、結構多くて。。
もうね、本音を言うと「はぁ?」ですよ。笑

いやいやいや…歌上手くなりたくて、出来るようになりたくて来てんだろ!?
上手くなることより、格好いい自分でいることの方が大事なのか?って話。

逆に女性の方がノリノリでやってくれるんですよね。
そのモノマネがあまり似てなくても「う〜ん全然似てないかな…」と、爆笑が起こる。
モノマネから感覚が掴めたら「よし!できるようになったね!」となり、次のステップへ進める。

 

この話を、私が絶大な信頼を置く美容師さん(男性)に話したところ
男性は女性の前では格好つけたがるもんだからな〜と。

私が女だから、ダサいところは見せられないと?
うーん…そうなのか。。

 

まぁ2割ぐらいは理解できます。(たった2割?笑)
ただ、本気で自分の歌を変えたい!と心の底から思っているなら

 

その”しょーーもないプライド”は今日から捨てましょう。

 

 

②周りのせいにする

 

どういうことかと言うと、できない・上達しない理由を
例えば「全部を教えてくれないからだ」などと、自分の外側に置くということ。

果たして本当に、原因は周りにあるのでしょうか?

じゃあ仮に、本当に一部だけしか教えてもらってないとしましょう。
その一部、しっかり自分のものにできていますか?
教えてもらった『一部』を、トレーナーと同じレベルでできていますか?
そのレベルになるまで研究や試行錯誤を重ねた上で
一部分しか教えてくれないから、自分はできていないと考えているのでしょうか?

傾向として、そういう発言をする人って正直、教えてもらったことも出来ていないんです。(ズバッとごめんなさいね)
逆を言えば、教えてもらったことがたとえほんの一部でも
トレーナーと同レベルで出来るように、そこを目指せば
歌声って桁違いに変わっていくのになーと、私はすごく感じています。

 

まずは自分自身の声・思考・体の反応などと、
本気で真正面から向き合ってみましょう。

出来ない理由も出来るようになる答えも、全ては自分の中にあります。

 

 

まだまだ言いたいことはあるんだけど、今回はこの辺で。。笑
一つ言いたいのは、今回書いたこれらは
ただただ男性陣に文句が言いたかったのではありません。

気付き、大きな学びを得るためのきっかけになればと、
出来る!変われる!と、皆さんに希望を持っているからです!
(期待していない人に対して、こんなに情熱注げません。。)

 

こういった男女の違いって、何だかすごく興味深いですよね!!

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます♪
それでは!!

 


『ベルティング習得コース』

 

詳細&お申込みはこちらから

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************