心理状態は声に出る

大阪在住、リベルティング発声法認定トレーナーのAyaです!
どうも〜!
皆さんお正月ボケ、抜ました?私は絶賛、甥っ子姪っ子ロス…涙

 

さてさて。。帰省してた間、実は姉に地声強化のミニレッスンを行っていたんです。

人前でプレゼンする機会があるらしく、
遠くの人まで声が届かないのが悩みのようで…

 

ところで皆さん、地声・裏声と聞いて思い浮かべるキーワードや印象にどんなものがありますか?
ちなみに私はこんな感じかな、、

 

『地声』…強さ、自信、堂々としている、リーダー的な、本音、主張、

『裏声』…柔らかい、優しさ、可憐、フワフワ、謙虚、フォロワー・サポーター的な

 

姉が初めて人前でプレゼンした時のビデオを見て「アドバイスちょうだい」と言われたので
あえて映像は見ず、内容も聴かずに声から受ける印象だけを伝えました。

 

「歩み寄りやすい声やけど、人をリードしたり導いていくにはちょっと弱いかな〜」(身内なのでズバッと厳しくいく笑)

加えて

「迷いとか不安が、声にモロに出てる」と。

伝えたい・聞いて欲しい!っていう気持ちが体内で滞留してるような印象を受けたんです。

それに対して「だって初めてやったし、どうして良いか分からんかったもーん」と言ってましたが。。

 

姉は元々普段の話し声が(地声と裏声の)ミックス寄りで、フワッと宙に浮いた声。
同じセリフを裏声で言うのと地声で言うのとで、聴き手がどんな印象を受けるか?を
実際に私がデモして聴き比べてもらったりしながら
しっかりと地に足ついた声(地声)を開発していきました。

「え?私のこの声って地声じゃないの!?」と良いリアクションもしてくれて笑

よく普段のレッスンでも取り入れている、声と体を繋げるエクササイズをやったり、
地声で話せない人に隠れている心理状態について話したり…
でも最も時間を費やしたのは、地声の許可を自分に出すことでした。

声が遠くの人まで届かない一番の原因は、姉のマインドだと確信していたからです。

 

そして、他のプレゼンターの方々のビデオも聴かせてもらったのですが
その人の性格やキャラクター、見事当てる事ができたんです。しかも4人全員!
キャラ当てクイズ〜!!なんてつもりは無かったんだけど
ベルティングを習得していく過程で、いつの間にかそんな能力が身についていたみたい…!

不安・遠慮・迷いって、隠してるつもりでもストレートに声に表れるものなんですよね。
声に同調するというか乗っかるというか。。
もちろん逆のことも言えます。自信や芯の強さも声として出てきます。

そして声のお仕事の人に限らず、発声の悩みを持っている人って思っている以上に多いんだなと
今回の帰省ですごく感じました。

 

まだまだやるべき事、たくさんだわ!!
大分にいる間、そんな思いがずーっと頭の中をグルグルしてました。

 

地声は、世の中に発信するリーダー的な声。裏声はフォロワーやサポーター的な声だとしたら
皆さんはどんな声を使って、どんな自分になりたいですか?

少しでも声と心の不一致を感じるのであれば、リベルティング発声法で
上手にリンクできるようにしていきましょう!

しっかりとサポートしていきますよ♪

 


『ベルティング習得コース』の詳細&お申込みはこちらから

 

 

 

今日も訪問してくださってありがとうございます!
それでは!!

 

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************