【図で解説】喉は後ろに開けよう!

どうも〜!
大阪よりリベルティング発声法認定ボイストレーナーのAyaです!
私のお正月休みも終わり、昨日からお仕事スタート。。
姪っ子や甥っ子たちに癒され、母の美味しい手料理も毎日食べることができて、、
本当に良い帰省旅でした!!

 

先月誕生したばっかりの姪っ子。もう…天使すぎる♡

 

 

 

さてさて、、今回はベルティングに必要な『喉を後ろに開ける』について。

皆さんがイメージしやすいように図に描いてみたので
その図と併せて解説していきたいと思います。

 

まず通常時、横から見るとこんな感じ。

 

 

※図のクオリティは一旦おいておきましょう!笑

 

 

喉を後ろに開けるってどういう事?と、戸惑う人もいると思いますが
下の図のように
首の後ろ側に空間を作ってあげるイメージなんですね。

 

音が上がれば上がるほど、後ろの空間は広くなります。

 

 

そして、首の後ろに作った空間に声を置いていってください。
下の図でいうと、網掛けの部分です。

 

 

この、喉を後ろに開ける力が弱いと、このスペースに声が置けなくなり
その地声はどこへ行くかというと、鼻に行ってしまうんです。
いわゆる、鼻にかかるという事ですね。
鼻にかかると喉が上がる。そして喉が締まる、という悪循環に陥ります。

 

イメージだけで良いの?

この”喉を後ろに開ける”

これってただ感覚やイメージの話なのか?
それとも実際に体(喉)の動かし方なのか?

 

さて、どっちだと思いますか?

 

 

正解は…

 

 

 

 

 

 

両方です!!

 

 

なーんだぁ…と拍子抜けしちゃいました?

でもね、実際に体を動かすにもまずはイメージするという事が
ものすごく大事なんです。頭の中で描くイメージが鮮明であればあるほど
それに合わせるように体も反応してくれるんです。

 

少しでも「あっ」と感じられたら、ベルティング習得までの道のりはそう遠くないですよ!
上の私の渾身の作品たちが、皆さんのお役に立ってくれたら嬉しいです。

何度も言いますが、クオリティは置いておいてくださいね。笑

 

 

実際のレッスンではもっと細かく調整していくのですが、
基礎からしっかりと声を磨きたい方は、ぜひ実際にレッスンで整えていきましょう!

 

 

『ベルティング習得コース』の詳細&お申込みはこちらから

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
それでは!!

 

 


30日なわとびチャレンジ、順調に続いていますよ♪ただ…
実家の時と違うスニーカーで跳んでいるからか、再びとてつもない筋肉痛に見舞われています…
痛いよーー…涙

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************