地声は危険じゃありません!

大阪よりリベルティング発声法認定トレーナーのAyaです!
今日は何だかあったかいな〜なんて思っていたら、それもそのはず。
大阪は最高19度を記録したらしく、かき氷まで売れるなんてニュースを目にして、、
だからでしょうか。不覚にも体調を崩し寝込んでしまいました、、私。

 

そんな中、コースの生徒さんから練習音源が届いて聴かせてもらっていました。
ベルティング習得コースには特典の1つに、無制限のメールサポートがついているんですが
スケールや歌唱音源を送ってもらって、アドバイスをしたり
この人の声はベルティングですか?と動画のリンクを送ってくれてそれにお答えしたり
お悩み相談など…24時間いつでもレッスンしているような感じで
私もみなさんとのメールのやりとりを楽しんでいます♪

 

先日もあるクライアントさんから音源が届き
この声はベルト出来ていますか?と質問がありました。

音源を聴かせてもらうと「うん!いい!力強い地声!」

けど以前習いに行っていたSLSの先生からは、絶対出しちゃいけない声と言われらしく
その言葉が引っかかって地声を出す事にためらいがあった様子。
さらにもう一つ送ってくれた音源を聴くと、ミックスボイスでのスケール。
その先生からはこっちの声を推奨されていたそう。

ちなみに彼はこの先生のところには、
ベルティングを教えてもらう目的でレッスンに通っていたらしいのですが…
音源聞いてもやっぱり軽いんですよね、ミックスって。
置きに行っている声というか、”安全”を選びすぎて
心を揺さぶられるまでには至らないと言うか…

かく言う私も、Chico先生の元でベルティングのトレーニングを始める直前まで
SLS系列の先生にミックスボイスを習っていて、裏声からのアプローチを勧められていました。
「そっか、地声ってダメなんだ。裏声から地声を混ぜていくとホイットニーみたいな声になるんだー」
と信じていた時期もあるし、

地声を『絶対出しちゃいけない』と忠告するのは、やはり
地声で高音を出すというのは危険行為だっていう考えからなのかな〜?

 

けれど、それはただの思い込みだったんだと気付かされたんです。
きっかけはもちろんベルティングをマスターしたこと。

プロ活動時代に何度も声を潰したのは、地声そのものが原因じゃなかった。
地声で歌っても負担のかからない正しいポジションを、ただ知らなかっただけなんですよね。

だからベルティングを習得した時は、度肝を抜かされました。
「あ、歌うって本当はこんな感覚だったんだ…!」と。
180度、歌(発声)に対する概念が変わったんですよね。
生まれた頃から30年間住んできた家に、隠し扉を発見してそれを開けると
ものすごく居心地のいい部屋だった!みたいな。分かる?笑

 

地声で歌うことは危ないと思っている皆さーん!
私の経験から言って、地声は危険じゃ無いですからね〜!
世界で活躍するシンガーたちのような、あの力強いベルティングボイスで歌いたいなら
まずは怖がらずに地声で歌っていきましょう!
そこに力みが伴うなら、その力みを取り除いてあげればいいだけ。

 

リベルティング発声法では、完全な地声からのアプローチで
喉に負担がかからず、健康的なベルティングボイスを開発していきます。
実際にそれは可能です。
だからレッスンに来てくれた方達みんなが
この発声法は凄い!声が枯れなくなった!と口を揃えて言うんだと思います。

 

裏声ミックスで歌っていたもう一人のコース受講生の方も
もう前の歌い方を忘れてしまうぐらい、
本当の自分の声(地声)を受け入れられるようになったんですよ!
彼女のシンガーとしての人生が変わり始めています…!
それをそばで見ることが出来て、本当に嬉しいんですよね♡
体調不良なんて吹っ飛びます、本当に。

 

ストレートに、真正面から勝負する声がベルティング。
そんな声、手に入れたくなりませんか?

 


『ベルティング習得コース』

大阪・京都を中心に、3ヶ月or6ヶ月のコース制レッスンを行っています。
24時間無制限のメールサポートとスケール見本ビデオ見放題の特典付き!
人の心を揺さぶる歌を歌いたい、しっかりと自分の声で歌いたいという方は
ベルティング習得コースで、声を磨いていきましょう!

 

 

詳細&お申込みはこちらから

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!
風邪やインフルエンザ…くれぐれも気をつけてくださいね。

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************