絶賛ホイッスルボイス練習中!

大阪よりリベルティング発声法認定トレーナーのAyaです!
どうもこんにちは♪

 

体調もほぼ回復しまして、生徒さんの練習曲や個人的に練習している曲の
研究をする1日でした。
そんな寝込んでいた2日間、実は久々にホイッスルトーンの調子が良くて
悪寒がする中「おっ♡ついに私もマライア?」なんて完全に図に乗っている自分がいました。笑

マライア・キャリーが風邪で声が出なくなった時に
無理やり声出そうとしたら、たまたまホイッスルボイスが出せた!という逸話もあるし
同じ流れでホイッスルを完全マスターできるかも♪ってなるじゃないですか。。
まぁ風邪ひいても私、鼻・喉はいたって快調だったんですが。笑

そんな大チャンスがやってきた訳だから、ワンボイスコース受講中の時のように
無我夢中でやってたらたまたま出せた!というレベルから
きちんと意識的にコントロールして出せるレベルまで持っていこうと、アンテナを張り巡らせる…

 

 

ホイッスルボイスのポイント

 

まず前置きしますが、私はまだまだ曲の中で自由に使いこなせるレベルではありません。
今回みたいにかなり調子がいい時、ミニー・リパートンの『Lovin’ You』で
かろうじて出せる…かな…ぐらいの段階です。

 

①極限まで声帯を閉じる

 

ホイッスルが出せている時、感じ方としてはかなり極限レベルまで声帯を閉じています。
声が出ている以上、少なからず声帯は開いているのですが
その開き具合は、針の穴ぐらい。(あくまで感覚ですよ?)

リベルティングでは
”声帯だけを閉じて、喉はリラックスして後ろに開ける”とお話ししていますが
リベルティングでいう声帯閉鎖とまた違う感じで。。
もっとしっかり閉じるというか、結構硬くしている感覚があるかな。

しかも喉が脱力しているかと聞かれると、正直YESとは言えないんですよね。

けれど喉のポジション開発が出来ていなかったり、発声が整えられていないと
飛び級のように辿り着く事はできない声だとも思っています。

 

②息は吸っている感覚

 

ホイッスルもブレスコントロールがものすごく重要。
声帯も針の穴ほどしか開いていない中で、その小さな小さな穴に
線の細い息をそっと通していくような、絶妙かつ繊細な作業を丁寧に行っていきます。

この時の感覚としては、息を吐いている感じはほとんどないんです。
むしろ吸っているような。

声を”出す”というよりは”鳴らす”イメージをしてみてください。
頑張って出そうとすると、針穴に息を通すようなレベルで行うブレスコントロールのバランスが崩れてしまいます。
遠くに飛ばさずに、その場に声を置いてくる画を頭の中で描きながら行うと
コツも掴みやすいと思います。

 

 

今回私の備忘録的な意味合いも含めて、ホイッスルボイスのポイントを書いてみました。
あの声は選ばれた人だけが出せる、特別な声だと思っていたし
私は選ばれなかった方の人間だとも思っていたんですが
ワンボイスでホイッスルを見つけられた事で、その考えが吹っ飛びました。

東京の認定トレーナーChibi先生も慢性結節がある中で(しかも後に声帯ポリープが出来ていたことが発覚した)
ホイッスルが出たー!と、少し前にブログで書かれていましたし
みなさん可能性は0じゃないなと。

 

ただ①でも書いたように、まずは発声が整っていることが前提なので
ベルティングボイスだけじゃなく、ホイッスルボイスも手に入れたい方は
ぜひリベルティングメソッドで喉のポジション開発から行っていきましょう!

私ももっともっと練習して、ホイッスルのクオリティを高めておきますね!

 


『ベルティング習得コース』

大阪・京都を中心に行っている、3ヶ月or6ヶ月のコース制レッスン。
無制限のメールサポート&スケール見本ビデオ見放題の特典付き!

 

詳細&お申込みはこちらから

 

 

 

今日も最後までありがとう!それでは♪

 

 

 

Be A REBELTER!

 

Aya

 

*********************