間違った方へと頑張っていませんか?

どうもこんにちは!ベルティング専門ボイストレーナーのAyaです!

 

まだまだ暑さの弱まる気配のない今日この頃ですが。。
そんな中、熱いレッスンが行われているAya Belter’s Studio(略して”あやべる”

 

いま個人レッスンとは別に、関西圏を主に活動するシンガーグループの講師のお仕事もさせてもらっていて
私が担当する3チームでも、発声の基礎作りの為のエクササイズ等を取り入れながら楽しくレッスンをしています。

私のレッスンを通してメンバーの皆さんが口を揃えて言うことがあるのですが、それは

「今までのアプローチと全然違う!」
「声は〇〇だと今まで教わってきたし、そうやって今まで頑張って声出していたけど実は逆なんですね!」
「でもこのやり方のほうが、楽に高いところも出せます。。」(きょとんとした表情で、何で〜?という感じ)

というもの。

 

例えば『声と体を繋ぐエクササイズ』と題し、ちょっとユニークなエクササイズで
体の奥底から声が出る感覚を掴んでもらったり
あまりの規格外(?)の内容や、瞬時に自分の声が変わることに戸惑う人もチラホラいて、、笑
でも皆さん真剣でワクワクした眼差しでついて来てくれるから、私もついついレッスンに力が入っちゃいます。

声を聴かせてもらって感じるのは
みんな頑張りすぎ…!しかも間違った方向に一生懸命進もうとしてる!
きっと今までの歌の活動で取り入れた知識や情報で、頭も体もガチガチに固められてしまったり
もしかしたら、その得た情報自体が根本的な解決方法になっていないものだったり、、
いろんな要因が複雑に絡み合っているんですよね。

だから声が表面的になるというか、気持ちや体とリンクできていない発声に。

よく、レッスンで声を整えていく中で

・〇〇な感じで
・〇〇する時みたいに
・(いつもやっているみたいに)〇〇して!

とイメージや感覚でお伝えすることが多いのですが、それを複雑に考えてしまう方には
「何となくで良いからね!」「大体のイメージでOKだよ」と軌道修正します。
とにかく難しく考えて欲しくないんです。
なぜなら高音はシンプルな方法で出せるから。言い換えれば
あなたの中で高度な技のように位置付けしてしまうと、どんどん出せなくなります。

 

日本や海外の、ものすごい歌唱力のシンガーは
頑張って頑張って…苦しそうな表情で歌っているように見えますよね?
だけどその表情とは裏腹に実は、彼らは喉に負担をかけることなく想像以上に楽に歌っているんですよ。

そのヒミツがベルティング
ベルティング…中でも、私の師匠Chico先生が代表を務めるREBELTINGメソッド
あなたのそれまでの歌唱概念を根底から覆すでしょう。

そして一度ベルティングをモノにしてしまえば、もう以前のような苦しい歌い方には戻れなくなります。
この、眩しいくらいに人生が開けるような体験を、声に悩む一人でも多くの人にしてもらいたい。

 

何年もボイトレに通っているのに、いつまで経っても自分の納得する歌が歌えない人。
自分の歌に行き詰まって発声迷子になっている人は、目的地と全く反対の方向へ進んでいるかもしれません。

 

「もしかしたら…」と少しでも心当たりのある方は、カウンセリング&ミニレッスンがついた
ベルティング体験レッスンから始めてみましょう!

 

お申し込みはこちらからお願いします

 

 


歌うことが苦しくなっている人たちが救われて、もう一度、歌う気持ちよさや喜びを味わえること。

これが私の願いです!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます!
それではまた♪

 

 

Be A Belter!

 

Aya

 

*********************