リベルティング発声法は魔法のメソッド?

こんにちは!
ベルティングボイストレーナーのAyaです。

 

日々レッスンをしていると、リベルティングメソッドの凄さやレベルの高さを再実感します。
正直なところ、リベルティングは私の中でもうすっかりと
『発声のスタンダード』になっているので、いい意味で気持ち的にも落ち着いてきている側面はあります。

 

リベルティングのトレーニングをスタートさせたばかりのクライアントさんは
お伝えする内容がそれまでのボイトレで教わってきたこととは真逆なので
すごく新鮮、尚且つ結果に表れるのが早い!
ということで「えーっ!すごーい♪これは凄すぎます!」と、そんなリアクションに思わず
かわいいなぁ♡と、ホッコリしてしまうAya先生なのです。(こういう反応って本当に嬉しいし大好物なの。笑)

 

思ってもみなかった場所に、楽にパワフルな高音を出せるヒミツがあると知って

 

これは魔法の発声法ですね!

 

と表現してくれる方も少なくないのですが、、

 

 

 

実はね…全くもって魔法なんかじゃないんですよ。いや、謙遜しているわけじゃなくてね。
魔法というとメルヘンの世界で、起こると思ってなかったことが起こった!キセキ…!
みたいなイメージですよね?まさに夢見心地の気分。

だけどむしろ逆で実際、魔法にかかるというのは
「高音は喉に負担をかけて出すもの」という先入観に翻弄されている状態のことを言います。

なので喉の力みなく、地声で楽に出す感覚を体感するということは
夢から目を覚まし”現実”へと戻ってきた、ということ。
ベルティングボイストレーナーがレッスンでディレクションする内容は全て
魔法や呪いから皆さんを解くためのものなのです。

 

フワフワお空を飛ぶのではなく、大地に足を着け一歩一歩しっかりと踏みしめる。
そんな声なんですよね、ベルティングボイスって。
先日のレッスンでそれが顕著に現れた、とても興味深い出来事があったのでまた改めて書こうと思います。

 

兎にも角にも、リベルティングは魔法のメソッドではなく
しっかりと現実から目を逸らさずに自分自身と向き合う、とても現実的な発声メソッドである
という事をお伝えしたかったのです。
声と、感情やイメージとの繋がりをとても大事にしているのですが
リベルティングの生みの親であるChico先生は
心理学・人間行動学・量子学・宇宙物理学などあらゆるジャンルを学び
それら様々な学問に基づいてメソッドを作っています。
この間少しだけリベルティングに関するChico先生のノートを見させてもらいましたが、本当に凄い!
というか凄すぎて、もはや「ヤバイ!」というレベル。

 

力強い高音(ベルティングボイス)は喉の力みなく出せるので
リベルティングのレッスンでぜひ実際にそれを体験してみてください。それまでの歌唱概念が覆りますよ!

 

レッスンメニュー大幅リニューアルに向けて、現在のベルティング習得コースへのお申し込みは
10月20日までで締め切らせて頂きますので、
高音の悩みを解決したい、本気で歌が上手くなりたいという方はお早めにお申し込みくださいね。

 

すでにオンラインコースの受付はストップしていますが
遠方の方も全レッスンをオンラインに切り替えてベルティング習得コースへお申し込みが可能です。
10月21日以降は単発レッスンのみで対応させて頂きます。

 

習得コースへ申し込む

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
それでは!

 

 

REBELTING発声法
日本公式ライセンシー Aya

 
 
*********************