受講生の感想をご紹介します!

こんにちは!
大阪よりボイストレーナーのAyaです。

世界基準の高音発声法『ベルティング』を専門に教えています。

 

先日、ベルティング習得コースのビギナークラスの受講を修了されたクライアントの方から
とっても嬉しい感想をいただいたので、今日はその受講生の生の声をご紹介します!

ほぼそのままの状態で載せているので、よりリアルに
レッスンの様子や自分に起こる変化などが伝わるかなと思います。

それでは、どうぞ!

 


<京都在住、女性(20代)、学生>

 

1、ベルティングのレッスンを受けて良かったですか?

良かったです!

2、1の質問について…どういう点でそう感じましたか?

今まで歌を習ったことがなくて、声の出し方を学びたいと思っていたのですが、その次元を超えて、歌うことで自分と会話するような体験ができたことです。自分ってこんな声が出るんだ〜という発見もあったし、歌う快感みたいなものが感じられて気持ちよく歌えるようになりました!

3、レッスンを受ける前と後で、どんな変化がありましたか?

声が上手く出るか出ないかではなくて、歌っていて気持ちいいかそうじゃないかという基準で考えるようになりました。

4、ベルティングに興味のある人やレッスン受講を考えている人に伝えたいことなどあればご記入ください

最初は先生の前で歌うことすら恥ずかしかったですが、受けて良かったと思っています。ボイトレに通ったことがなくても楽しみながら受講できました。むしろあまり知識がない方がスッと体に入ってくると思います。

5、○○があれば良かった、もっとこうして欲しいなど、何かアイデアがあれば教えてください。

あまり思い浮かばないです。

6、Ayaにメッセージなどがあれば、何でも自由にご記入お願いします!

練習中に悩んだり迷ったりすることがあっても、先生が前向きな言葉をくれるので楽しく頑張ることができました。歌のこと以外の考え方も、将来や私生活のことへのアドバイスも、とても良い刺激になりました。本当にお世話になりました。最後のレッスンでは今でも覚えているくらい不思議な感覚に入れて、すごくいい経験になりました。ありがとうございました!

 

Ayaより

今回、彼女をレッスンさせてもらって感じたのは
本当にベルティングはとんでもない化学反応を起こす、ということ。

と言うのも彼女、初回のレッスンでお話を伺う段階では
全くと言っていいほど声にエネルギーが宿ってなかったんです。
思わず「え?なんて?今なんて言った?」と耳に手を当てて何度も聞き返してしまいそうになるほど。

ボイトレ経験、歌唱経験も全くない状態からのスタートだったので本人もとても緊張していたんですが
レッスンを進めていく中で

怒って!わがまま言って!〇〇みたいに、〇〇をイメージしてみて!

そんなシンプルなことを伝えるだけですぐに、ずっと溜め込んでいた彼女の
反抗心や自我が弾けていき、みるみるうちに彼女の本当の声を引き出すことができました。

これが、私がChico先生の元で4年間ずっと学んできたREBELTING発声法のすごいところ!

その姿はヒアリングをしていたときの彼女とはまるで別人!
滅多に見ることができないほどの化学反応、大爆発を目の当たりにしたんですよ。

話していくうちに分かってきたのは「今のダラけた毎日が嫌だった」「何とか自分を変えたかった」
そんな風にボイトレを通して歌唱力だけでなく、人生そのものをレベルアップさせたかった彼女。

ベルティングを選んで正解だったよ!
そんな話で盛り上がったこともありました。

いや、彼女の成長ぶりは本当にすごかったんですよ!

 

いつか人前で歌ってみたい!

 

そんな彼女の新たな夢を、これからも応援していきたいと思います。


ベルティング習得コース第3期生、まもなく募集開始予定!
本格的なトレーニングの準備として
まずは体験レッスンから始めてみることをお勧めしています。

今年から45分間にパワーアップし、通常レッスンとほとんど変わらない十分な時間があるので
体験レッスンにも関わらずもの凄く大きな変化を生み毎回、大好評を頂いているんですよ!

自分では気づけない歌唱のクセや改善のための練習方法などもお伝えしているので
かなりお得なレッスンプログラムとなっています。

ZoomやFaceTime、Facebookメッセンジャーの
ビデオ通話機能などを使って気軽に受講できるので
ベルティング習得のためのファーストステップとしてご利用くださいね!

 

お申し込みはこちらより↓

体験レッスンへ申し込む

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます。
来週にかけてしばらく大雨が続きそうです。くれぐれも皆さんお気をつけくださいね。

それでは!

 

Aya

 

*********************