グレイテスト・ショーマン

こんにちは!Ayaです♪

 

先日、グレイテスト・ショーマンを観に行ってきました!
昨年大ヒットしたラ・ラ・ランドのスタッフによる作品という事で
普段、あまり映画館に足を運ぶという習慣(?)がない私が
映画を観に行く…というのは、とてもレアなんですよ。
それぐらい観たかった映画で。。

 

まだ上映中という事で、具体的なストーリーなどについては
ここでは控えさせてもらいますが
今回2つの視点から、個人的な感想や見どころを紹介していきます。

 

①キーワードは【自分らしさ】

 

全体的なストーリーは、よくある流れなんですが
家族愛・恋愛をはじめとする人間模様が
見てる側が分かりやすい感じで、描かれているなと感じました。

 

もっと切り込むならば、個人的に、今の日本の風潮というか
型から外れてるものや人を、排除したがる傾向…
そういうのに何か訴えかけてるようにも感じましたね。

 

「自分は自分らしく、ありのままでいいんだ」
「人と違うのは『個性』なんだ」

 

映画の中で、特に影響を受けたのはそんなメッセージです。

 

②歌のシーン

 

ラ・ラ・ランドよりも歌のシーンは多いように感じました。

 

また登場人物も多く、キャラクターの数だけ
歌唱のタイプも様々で、とても勉強になります。

 

ベルト一つとっても、軽めのコンパクトなベルトだったり
喉と声帯の開け閉めのバランスを変えて、声を割るようなベルトしたりと。。。

 

それに、ベルトだけじゃなく
裏声や、(どっちなんだろ?っていう位の)地声と裏声の中間の声…

 

「この部分の声って、一体どういう風に出してるんだろ?」

 
耳や感覚を研ぎ澄ませ、そんな楽しみ方をしてみるのもいいと思います。

 

実際に私は
「こういう角度からも、ミュージカル映画を鑑賞できるようになったんだなぁ」
と自分の成長にも気付いて、ニンマリしておりますので。笑

 

まとめ

 

夢を叶えたり、目標を達成するには

 

『自分の事を信じてあげる事』
『今置かれている環境から抜け出す、ほんの少しの勇気』

 

よくある、ありふれたストーリーかもしれないけど
教訓がたっぷり込められている映画です。

 

歌だけじゃなく、ダンスのシーンもめちゃくちゃカッコよかった!
ゾゾゾォーッ…!て鳥肌立ったしね。

 

やっぱり、ミュージカルっていいなぁ♪

 

ちなみに、クライマックスのあたりで
私の隣に座ってた方は、腕を指揮者のように振り
身体を揺らしながらリズムを刻んでました。

そうなる気持ち、すごく分かる!!

 

ぜひ!!観に行ってみて下さい!!!おススメです!!

 

 

Aya

 

関連記事

  1. ”高音は高くない”〜自己洗脳を解こう〜

  2. リベルティングクイズの答え合わせ!

  3. あなたがやりたい事に年齢制限はない!

  4. リベルティングは世界基準の最高の発声メソッド!

  5. ベルティングで高音をのびのびと歌い上げるシンガーの基礎力

  6. ミュージカル『ボディガード』から考える私たちの発声の課題

  7. 短期間で大きく成長できるリベルティング。

  8. 「自分を最優先に考えてあげて」

月別